健康と痩身を一緒くたに行う一石二鳥対策|便秘解消から脂肪燃焼まで

ランニング

肝臓を労わるために

サプリメント

処理されなかった脂肪分が肝臓にたまると、脂肪肝となります。脂肪肝は、オルニチンのサプリで肝臓の負担を減らしたり、タウリンのサプリで肝臓を癒したりすることで、予防できます。また、食物繊維やクエン酸のサプリを飲むことも有効です。もちろん、食事で脂肪分を過剰に摂取しないようにすることも大事です。

View Detail

美容にも良いダイエット

飲料

断食期間に水と3時間に1度の酵素ドリンク以外の一切の飲食を行わない酵素ダイエットは、デトックス効果もあるためダイエットだけでなく美容や便秘解消などにも有効なダイエット法として女性を中心に人気を集めています。しかし、体への負担が大きいダイエット法ですので、本番期間前後の過ごし方などに注意が必要です。

View Detail

ダイエットサプリの痩身法

栄養補助食品

ゼナドリンは体脂肪を燃焼する効果が期待できるダイエットサプリである。ゼナドリンは1997年にアメリカで販売が開始され、日本では2001年から販売されている。ゼナドリンは豊富な実績があり、今後もダイエットに励んでいる人々の間で人気が広がると予測される。

View Detail

お腹

便秘は慢性化することで、様々な健康被害をもたらし、生活習慣病などの原因にもなるため注意が必要です。便秘になると腸内で栄養素の腐敗が進みます。それが腸内のぜん動運動を妨げるほか、それらの腐敗した栄養素から血液が作られるため、血液の質も悪くなります。そのため原因不明の体調不良を引き起こす原因になります。また腸内環境が悪化することで、免疫細胞の数も減少しますし、セロトニンの分泌量も低下するため、自律神経のバランスも乱すことになります。このように、便秘はダイエットの敵なだけでなく、健康上のデメリットが非常に大きい症状なのです。便秘解消のために必要な栄養素があります。

便秘解消のために必要な栄養素、それは「乳酸菌」と「オリゴ糖・食物繊維」です。乳酸菌は腸内で善玉菌を活性化させて、悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。オリゴ糖や食物繊維は、乳酸菌のエサとしての役割があります。また乳酸菌には、腸内の日和見菌の味方につけるための役割もあります。腸内には善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌と3種類の菌が住み着いています。そのうち善玉菌の割合は15%、悪玉菌は10%、日和見菌は75%です。日和見菌は、強い方の菌に味方をするという菌ですので、乳酸菌によって善玉菌が腸内で優勢になれば、日和見菌の力を味方につけることができるのです。これが便秘解消のための一番の近道です。便秘解消のためには、「乳酸菌」と「オリゴ糖や食物繊維」を摂取して、日和見菌を味方にすることが大切なのです。